2009年01月04日

行政書士という資格

副業をするうえで、有利になるように資格取得を目指したり、逆に資格を活用し副業を考える人は多いと思います。
ここでは、仕事として活かせる資格の1つである行政書士について説明します。

行政書士の主な仕事は官公庁に提出する許可申請書類の作成業務です。
この書類作成による報酬が主な収入源となります。
会社設立、相続・遺言関連、内容証明、建設業許可関係などの書類が作成できます。
資格を持たない人が報酬を貰ってこのような書類を作成することは禁じられています。

平成18年度における行政書士の仕事において、それぞれの仕事について一番回答の多かった報酬は、建築業許可申請(個人・新規)10万円、知事への建築業許可申請(法人・新規)15万円、遺言書の起案・作成指導が5万円、遺言執行手続き20万円、内容証明郵便作成1万円などです。
この他にも多くの書類作成業務があります。

行政書士の資格取得には、行政書士試験に合格する他、弁護士・弁理士・公認会計士・税理士の資格を持つ人なども行政書士の資格を得ることができます。
そして、登録後、行政書士としての仕事ができるようになります。
行政書士の試験は、行政書士の業務に関する政治・経済・個人情報保護などの一般知識や、憲法や行政法など法令が試験科目となっています。

資格は副業を行ううえで大きな強みとなります。
しかし、その資格を有効利用して仕事を得て、仕事を続けていくことはあなた自身の人となりにかかっているのです。
また、資格取得を語る悪質業者も存在するので、資格取得に関しては充分情報を得たうえで行ってください。
posted by up at 19:20 | TrackBack(0) | 資格取得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。