2009年01月18日

青色申告の方法

副業をする人は、青色申告制度がどんな制度であるのか、ぜひ知っておきましょう。
税の申告には白色申告と青色申告があります。
青色申告制度は、不動産所得・事業所得・山林所得だけにできる申告制度で、青色申告以外の申告は白色申告と言います。
青色申告をしようとする人は、あらかじめ「青白申告承認申請書」を税務署に提出し、承認を受けておかねばなりません。
青白申告承認申請書を提出した後、却下などの報告がない場合、承認されたこととなります。
このため、申請書を出した時点での自動承認ということになります。
承認申請書の提出期限は、青色申告を受けようとする年の3月15日で、その年の1月16日以降が業務開始の場合は、業務開始から2ヶ月以内です。
青色申告は確定申告時に、貸借対照表、損益計算書、およびこれらの所得金額の計算明細書(青色申告決算書)を確定申告書と一緒に提出しなければなりません。

青色申告では、正しい申告をしようとする人のための有利な取り扱いが受けられます。
そのために、所得金額を正確に計算できるための帳簿類の添付が重要となるのです。
課税上の特典として、正規の簿記(複式簿記)に従い年末の貸借対照表・損益計算書が作成されている場合は、65万円の特別控除があります。
それ以外の場合と山林所得の特別控除は10万円です。
これ以外にも、専従者給与の全額が重要経費となるなどの税制上の優遇措置があります。

副業を行ううえで、このような税制上の特典をうまく利用しましょう。
posted by up at 16:31 | TrackBack(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113046111

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。