2009年01月14日

広告メールについて

副業をインターネットで行っている人の中には、顧客を集めるために広告メールを発信している人も多いでしょう。
しかし、特定商取引法の改正により、2008年12月1日から、受け取ることに対する承諾のない広告メールは送ることができなくなりました。
広告メールを送ろうとする場合には必ず、相手の承諾を得る重要があります。
また、承認を得た広告メール送付の際、必ずメールの配信停止に関する事項をわかりやすく表記することも義務付けられています。

2008年11月30日までは、承認のない広告メールは「未承認広告※」の表記をつけて送ることは可能でした。
広告メールが重要のない人のための配信停止の措置を取ることを求めていました。
広告メールが必要でないと受取拒否をした人に対して再送信を禁止していました。
しかし、この法規を守るメールが少なかったうえ、配信停止の手続きをとることで、逆に広告メールを受け取っていることがわかってしまうというデメリットがありました。
2008年6月に特定商取引法の中の広告メールに関する規制が改正となり、同12月1日に施行されました。

このように、広告メールに関する規制が強化されています。
広告メールは、パソコンだけでなく、携帯メール、ショートメールも対象です。
これらの広告メールに関する規制は、通信販売だけでなく、連鎖販売取引(マルチ商法)、業務提供誘引販売取引に関しても規制されています。
副業で広告メールを発信する際には、法規制を遵守して業務を行うことが求められているのです。
posted by up at 08:12 | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。