2007年04月21日

起業のリスク

起業したい気持ちはあるものの、不安が先立ってなかなか決心できない。こうした思いは誰にでもあるのではないでしょうか。実際、起業後には、契約の不履行や営業秘密の漏洩、入金漏れなど様々な問題に直面するはずです。

想定できる個人的なリスクの最たるは、「生計を立てられるのか」「失敗して倒産してしまうのではないか」ということではないでしょうか。

金融機関は融資を申し込むと、担保や実績に乏しい起業時には必ず個人保証を要求されます。万一、失敗して債務が残った場合、なかなか再起できません。

しかし、不安にかられてばかりでは永遠に起業などできず、肝心なのは、リスクを恐れ、回避しようとするのではなく、リスクを管理することです。

どんなリスクがあるかを把握し、あらかじめ手を打つことで、リスクはリスクでなくなります。
posted by up at 01:44| 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。