2010年01月07日

グーグルが携帯向けの音声検索を開始!

グーグルが携帯向けの音声検索を
開始するそうです。

音声入力では、言葉の意味や住所などを検索でき
対象はグーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を
搭載している携帯と、iPhone。

音声入力すると、地図や電車の乗り換え案内なども
調べられるようになり、
さらに、全地球測位システム(GPS)機能を利用すれば、
今いる場所に合わせた検索結果も表示されます。

いよいよ携帯の時代が到来です! 
posted by up at 20:32| Comment(28) | TrackBack(1) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

マイクロビジネス

IT技術を利用した時間や場所に捉われない働き方であるテレワークは、就業別にわけると雇用型テレワーカー・自営型テレワーカー・内職副業型テレワーカーに分類できます。
この内、自営型テレワーカーがマイクロビジネスと呼ばれます。
マイクロビジネスに決まった定義はありませんが、現在、テレワークを行う個人事業者や作業員5人以下の小規模事業者がマイクロビジネスと呼ばれています。

マイクロビジネスを支える代理・代行事業を行う事業体は、マイクロビジネス・エージェントと言います。
マイクロビジネス・エージェントは、仕事の受注・発注、仕事の仲介、人材育成、人材交流などをマイクロビジネスと連携して行います。
マイクロビジネスやSOHOを行う人に代わって仕事の受注などの営業代行を行って、仕事を発注する事業者との橋渡しを行っています。
副業を考えている人がこのようなマイクロビジネス・エージェントに登録して、自分に合った仕事を見つけたり、仕事のスキルを磨き、人材交流を行うことが可能です。
しかし、このようなマイクロビジネス・エージェントの中には仕事の斡旋をすると言って高価なパソコンを販売する悪質業者も存在するので、注意が重要です。

マイクロビジネスは、副業として、また、新しい働き方としての視点だけでなく、地域の失業者を減少させるためにも注目される働き方です。
地域振興の方法の1つとしてもマイクロビジネスやSOHOは注目されているのです。
posted by up at 09:43 | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

個人事業の開業届け

SOHOなどの副業を、個人として仕事を始める人は税務署に個人事業の開業手続きが重要です。
手続きは、事業所得、不動産所得、山林所得が生じる事業を開始した日から1ヶ月以内です。
個人事業の開業届けを出すことで、青白申告または白色申告によって、減価償却費や事業に専従する親族がいる場合にその給与を重要経費にすることができます。

事業所得とは、個人経営の製造業や小売業、サービス業などや、農業、林業、漁業、医師、弁護士、作家などの業務からの所得を言います。
事業所得の重要経費には、家内労働者等の重要経費の特例があり、重要経費の額が65万円未満の場合、最高65万円まで重要経費額とできる特例があります。
この特例が適用される所得しかない収入103万円以下の人は、所得税はかからず、扶養者の配偶者控除や扶養控除の対処となります。

この場合の家内労働者等とは、家内労働法で規定されている家内労働者や、外交員、集金人、電力量計の検針人、継続的に特定な人に対してサービス提供業務をする人などを指します。
家内労働者とは、通常自宅を作業場として、工賃を貰い、部品や材料の提供を受けて、品物を製作・加工する人のことです。

また、個人事業の開業手続きと同時に、青色申告を行う人は青色申告承認申請書を提出して、青色申告の承認申請手続を同時に行っておきましょう。
副業をスタートすることは、このように納税に対しても準備が重要となるのです。
posted by up at 23:41 | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

SOHOビジネスの始め方

副業の1つとしてSOHOという言葉を、皆さん一度は耳にしたことがあると思います。
SOHOとは「Small Office & Home Office」の略で、個人または少人数(従業員10人以下程度)が自宅や自宅外の小さな事務所などを会社と情報通信ネットワークで結び、仕事場としたものです。
SOHOのうち、自宅で行うものが在宅ワークとなりますが、独立自営の薄いものが在宅ワーク、独立自営の強いものがSOHOと呼ばれることが多いようです。
SOHOは自宅がオフィスになることで出勤する重要がない、時間の制約がないというメリットがある一方、コミュニケーションが取りづらい、勤務時間の管理が難しいというデメリットもあります。
ライフ・ワーク・バランスを考えた働き方のできるSOHOは、専門的な技術をもった人の独立だけでなく、子育て中の女性や障害者などが就労しやすい環境を作っています。

SOHOに重要な機材は、まずパソコン。
事務系やシステム系の仕事ならば、OSはWindowsXPもしくはVistaなど、デザイン系ならばMac OS Xなどが重要です。
この他、重要なソフト、プリンター、電話(固定電話・携帯電話)、FAX、光ファイバーなどブローバンド回線、ウイルス対策ソフトも必需品であり随時更新は当然のこととして準備してください。

SOHOに関する情報を得るには、(財)日本SOHO協会やJSC−日本SOHOセンターなどのホームページの他、ミクシィなどSNSサイトのコミュニティなどさまざまな情報ツールがあります。
なかには、悪質な業者もありますので注意しながらうまく副業に役立ててください。
posted by up at 18:55 | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

犬のしつけの仕掛け人・横山直広氏が書籍出版!

「犬のしつけ」の情報商材の販売で話題になった
横山直広さんが本を出しました。

本の内容は、あの「犬のしつけ」の情報商材の販売を元にしたどのように
情報商材の販売をすれば良いかということを書いた内容です。

一般に販売されている情報商材よりも、わかりやすくて
価値のある内容が書いてあります。

初心者が7ヶ月で一億円を売上げた「常識外」のビジネスモデルを
横山直広さんが全て公開しています。

情報商材として売っていたら19,800円以上はする内容が、
たった1,365円で購入可能です。

http://www.catch-the-web.com/amazon/

ネットビジネス初心者が7ヶ月で1億円売上げた、
「犬のしつけ」商材を元にしているので、

「これからネットビジネスを始めたいけど何をしたら良いの?」、
「ネットビジネスってなんだ?」

と思っている人でも
今すぐに実践できる内容になっています。

しかも、10月21日(火)・22日(水)の2日間で
購入すれば追加の2つの特典音声をもらえます。

特典音声の内容は、かなり濃い内容になっていて、
内容を編集しようと思った程の内容になっているそうです。

期間限定の特典なので、見逃さないようにしてください。

怪しい情報商材を1万円も出して購入するお金があるなら、
1,365円のしっかりした本と特典音声をもらった方がいいです。

詳しくはこちらを確認してください。

http://www.catch-the-web.com/amazon/
posted by up at 02:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

ありえないマーケティング

『ありえないマーケティング』は、
ユナイテッドリンクスジャパンの原田翔太さんが
書いたマーケティングについてのビジネス書。

『ありえないマーケティング』が
これまでのマーケティング本と一線を画しているのは
マーケティングをおこなう際の
行動ステップを詳細に示していることではなく、
人がどのような感情・思いを持って行動するのかという
マーケティングの本質を
しっかりと突いているところにあります。

ノウハウを学んでも
なかなか成果が上がらないといった方には
とくにオススメの一冊です。
http://web-senryaku.com/book01/内職・副業の詳細
posted by up at 12:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

イーバンクで口座開設

ネット銀行なら、ATMに行く必要もないので便利です!

口座開設
タグ:イーバンク
posted by up at 13:55| Comment(1) | TrackBack(1) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

フランチャイズのシステム

定年や脱サラ後のセカンドステージとして、
フランチャイズ加盟という選択肢があります。
フランチャイズ本部から経営や店舗オペレートなどに関するノウハウが
提供されるので、畑違いのジャンルで起業する場合には有効と言えるでしょう。
しかし、フランチャイズのシステムについては
加盟する前にしっかり理解しておきたいところです。
posted by up at 07:20| 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

起業のリスク

起業したい気持ちはあるものの、不安が先立ってなかなか決心できない。こうした思いは誰にでもあるのではないでしょうか。実際、起業後には、契約の不履行や営業秘密の漏洩、入金漏れなど様々な問題に直面するはずです。

想定できる個人的なリスクの最たるは、「生計を立てられるのか」「失敗して倒産してしまうのではないか」ということではないでしょうか。

金融機関は融資を申し込むと、担保や実績に乏しい起業時には必ず個人保証を要求されます。万一、失敗して債務が残った場合、なかなか再起できません。

しかし、不安にかられてばかりでは永遠に起業などできず、肝心なのは、リスクを恐れ、回避しようとするのではなく、リスクを管理することです。

どんなリスクがあるかを把握し、あらかじめ手を打つことで、リスクはリスクでなくなります。
posted by up at 01:44| 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

企業組合とは

企業組合はその名称から、複数の企業が集まってつくる組合と思うかもしれませんが、実際には反対で「個人が集まって1つの企業のように活動できる組合」のことです。

「組合のかたちをした企業」とも言えます。

企業組合は、会社やNPO法人などより知名度は劣るものの、発起人が事業展開に適していると思う出資額で起業できるなどメリットは多く、登録録免許税や印紙税の一部が非課税になるなど優遇措置を受けられます。
posted by up at 14:11| 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

株式譲渡制限会社とは

本来、株式の売却などは自由に行われるものですが、会社のために好ましくない人が株主になることを防止するために、定款に「株式の譲渡について会社の承認を必要とする」ことを定めることができます。

このような規定がある会社を「株式譲渡制限会社」と呼びます。

公開会社以外の多くは、この規定を定款に入れており、登記事項でもあるので、これは謄本でも確認できます。

新会社法では、株式譲渡制限会社について非公開的な会社の実情に即して、「取締役会を置かなくても良い」「役員任期を最長10年に延ばせる」「監査役の権限を会計監査のみに限定できる」などの制度を認めています。

これらを導入するには、定款で規定する必要があるので注意してください。
posted by up at 01:26| 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。